So-net無料ブログ作成

アヴァンスを非弁活動で告発=無資格職員が債務交渉か−大阪弁護士会(時事通信)

 テレビCMなどで宣伝している司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)が、依頼者の債務整理の交渉を無資格の事務員にさせた疑いがあるとして、大阪弁護士会が弁護士法違反(非弁活動)容疑で大阪府警に告発したことが8日、分かった。
 弁護士会によると、告発対象は事務所の運営法人「アヴァンス・リーガルサービス・グループ」のほか、代表と副代表の司法書士、事務員3人。
 事務員は、約380万円の多重債務を抱えた大阪市の女性の依頼を受け、2007年12月〜08年6月、資格のある司法書士の名義を使って消費者金融業者と交渉。借金を減額する示談書を作成し、報酬として約33万円を受領したという。
 女性は減額後も借金を払えず、親族が日本司法支援センター(法テラス)に訴えて発覚した。弁護士会の調査では、ほかにも2人の男女が債務整理を受け、報酬を支払ったという。 

【関連ニュース】
弁護士資格なく会社整理=容疑でコンサル会社捜索
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し
弁護士法違反で柔道整復師逮捕=無資格で示談交渉
100万円「事務所運営費に使用」=受領認め「謝礼」否認
弁護士、交渉先と顧問契約=現金受領の汚職行為事件

岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)
「店外デートで勧められ始めた」大麻所持教頭(読売新聞)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
自民・若林元農相、隣席の投票ボタンも押す?(読売新聞)
子ども手当支給 家庭環境で左右(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。