So-net無料ブログ作成
検索選択

歯科医院で爆発、4人けが バーナーのガスに引火か 大阪・茨木(産経新聞)

 29日午後1時ごろ、大阪府茨木市庄の歯科医院「よこはた歯科」で爆発があり、横畠啓院長(40)や患者ら男女計4人が病院に搬送された。横畠院長は全身やけどで重傷、他の3人は打撲などの軽傷。

 茨木署によると、横畠院長は「自分でガスバーナーを使って作業をしていた」と説明しているという。同署は何らかの原因でガスが漏れて充満し、引火した可能性もあるとみて、横畠院長から詳しい事情を聴くとともに、業務上過失致傷容疑も視野に調べる方針。

 軽傷を負ったのは歯科助手の女性(26)のほか、患者の無職女性(77)と付き添いの夫(78)。

 茨木署によると、爆発が起きたのは、歯に詰める金属を加工する「技工室」。室内にはプロパンガスの入ったボンベが設置されていたという。事故当時は診療時間が終わる直前だった。

 同歯科は、5階建てマンションの1階に入居。爆風で通りに面した窓ガラスが割れ、向かいの中華料理店の窓ガラスも割れた。店長の男性は「店内まで破片が入ってきた。休みで誰もいなかったのが幸い」と驚いた様子で話していた。

 現場は阪急総持寺駅の南西約500メートルの住宅街。

【関連記事】
カセットボンベが爆発、100人が避難 京都の居酒屋
天井崩れ作業員「下敷き、死を覚悟」 姫路爆発9人重軽傷
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検
なぜ?順風な一家に何が… 伊勢崎市の全焼火災
ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?

<名古屋大>4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>発覚直後に在庫を投棄 天洋が証拠隠滅か(毎日新聞)
コーヒーの「シダモ」商標登録無効を取り消し(読売新聞)
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)
<地震>茨城県南部で震度3=午前10時29分(毎日新聞)

「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)

 京都五花街でもっとも歴史の古い上七軒の春公演「北野をどり」(25日〜4月7日)の前夜祭が24日、京都市上京区の上七軒歌舞練場で開かれ、ひと足早く関係者らに公演を披露、芸舞妓(まいこ)らがあでやかに踊った。

 今年は歌舞練場の大改修が完了し、約3週間開催日を繰り上げて各花街の春公演の先陣を切る。招待客らは新調された巨大な和紙緞帳(どんちょう)の醸し出す光の演出を堪能した後、よりいっそう華やかになった舞台に大きな拍手を送った。

 料亭西陣魚新」の女将、寺田ひろみさんは「踊りも新しい舞台もとてもすばらしかった」と話していた。

【関連記事】
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
芸舞妓、あいさつ回り 京の花街で「八朔」
京の町で安心して観光を 災害時に商店街と連携へ全国初の協定締結
披露宴の解約料高すぎる、京都の消費者団体が提訴
「桜の通り抜け」4月14〜20日に開催
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「涙も出ない時間だった」水俣病訴訟ようやく和解(読売新聞)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
歴史共同研究委 共通認識ほど遠く 当初から悪玉史観 議論は不毛だった(産経新聞)
中医協公益委員の牛丸氏を再任(医療介護CBニュース)
理美容チェーン8800万円所得隠し…国税指摘(読売新聞)

センバツ 「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会1回戦敗退後のインタビューで、開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が「21世紀枠に負けて末代までの恥」と発言した問題で、大多和聡宏(あきひろ)校長は25日午前、野々村監督とこの発言について話し合った。同校は世間を騒がせたことを重視しており、同日午後6時過ぎから大多和校長が記者会見を開き、何らかの処分を発表する。

【問題の発端】センバツ:開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言

 開星は大会第2日の22日、21世紀枠で出場した向陽(和歌山)に1−2で敗れた。野々村監督は23日に大会本部を訪れ「失礼な発言をした。心からおわび申し上げたい」と謝罪し、大多和校長も向陽に出向き謝罪。会見した野々村監督は「向陽や21世紀枠制度を侮辱、批判するつもりはなかった」と釈明したうえで「もう一度やりたい」と述べていた。しかし、同校には苦情や批判の電話が殺到。学校として、この問題を放置できないと判断したとみられる。【岡崎英遠、目野創】

【関連ニュース
センバツ:「失礼な発言した」…開星・野々村監督が謝罪
第82回センバツ:監督対談 向陽・石谷監督/開星・野々村監督 /和歌山
【試合詳報】開星・向陽戦 ワンプレー速報と写真特集で振り返る
【センバツ特集】全試合組み合わせと詳報
【センバツ特集】これまでの熱戦を写真グラフでみる

福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用(産経新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(下)一番好きな言葉は「遊」(産経新聞)
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示(時事通信)
「4・25忘れない」 追悼ウォーク開催(産経新聞)
青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)

「東北電力」名乗る不審電話 月平均120件(河北新報)

 東北電力や、電気設備の保安業務を手掛ける東北電気保安協会を名乗り、調査や検査と称して企業や住宅を訪問しようとする不審電話が、宮城県などで相次いでいる。同県内で確認された電話は昨年11月から月平均約120件に達し、3月はさらに増えている。金銭的な被害などは判明していないが、東北電力が注意を呼び掛けている。

 同社によると、電話は「電気料金を安くできるので設備を確認させてほしい」、「設備の調査や漏電、電圧の検査が必要だ」などと語り、訪問しようとする。同社は「電話で同様の勧誘行為はしていない」という。

 不審電話は宮城県内で以前からあったが、昨年11月ごろから急増し、3月は18日時点で137件に上る。同様の不審電話は東北各県で増え、3月は計501件と2月(476件)を既に超えた。
 連絡先は東北電力コールセンター フリーダイヤル(0120)175466。


連休の海や山は大荒れに=北・東日本、低気圧通過で−気象庁(時事通信)
抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬(医療介護CBニュース)
伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論(医療介護CBニュース)

「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で−民放連(時事通信)

 26日に予定されている足利事件の再審判決で、法廷内の撮影と録音を認めないとした宇都宮地裁の判断について、民放連の広瀬道貞会長は18日の定例記者会見で「誠に遺憾。裁判所が標ぼうしている『司法に対する国民の信頼向上』は到底果たし得ないと考える。再考を強く求める」などとする民放連のコメントを明らかにした。
 報道各社や弁護団は、菅家利和さんが在廷した状態での撮影と録音を要望していたが、同地裁は17日に要望を認めないことを決めた。 

【関連ニュース
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件の再審判決
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示
検察側、無罪求め謝罪=「長期服役、取り返しつかない」
検察側、無罪論告へ=きょう結審
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず

殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
外国人医師の規制撤廃、仙谷氏が検討表明(読売新聞)
吉野家元バイトが強盗、現役バイトはネコババ(スポーツ報知)
<札幌7人焼死>5人目の身元を確認 74歳の女性入所者(毎日新聞)
政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)

<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)

 政府・民主党は12日、国会内で参院選の政権公約を策定する「マニフェスト企画委員会」の準備会合を開き、「国民生活」「成長・地域戦略」「分権・規制改革」の中長期的テーマを議論する3研究会のメンバーを鳩山由紀夫首相が決めることなどで合意した。3月中にも初会合を開くが、策定の主導権を政府と党のどちらが握るかで駆け引きが早くも始まっている。

 会合には、政府側から仙谷由人国家戦略担当相、党側から高嶋良充参院幹事長、細野豪志副幹事長らが出席した。会合で、政府側の委員長を務める仙谷氏は「基本的な政策の骨格予算の大枠は政府が中心として案を作っていく。党で枝ぶりや肉付けをしていただくようお願いしたい」と述べ、策定作業は政府側が中心と主張した。

 これに対し、党側委員長の高嶋氏は「政府と連携を取って協力し合う」と述べるにとどめた。

 参院選マニフェストを巡っては、小沢一郎幹事長が、党主導が基本だとする認識を示している。高速道路無料化や子ども手当など、昨年の衆院選マニフェストとの整合性を含め、財源論が再び焦点になる。財源確保を重視する政府側と、選挙を控えた党側の見解が対立することも予想される。【念佛明奈】

【関連ニュース
政府・民主:マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意
鳩山首相:小沢氏と合意…政府と党、一体で政権公約策定
民主党:参院選マニフェスト策定、政府と協議機関を設置へ
鳩山政権:マニフェスト「進行中」132件…毎日新聞調査
民主党:「政府一元化」事実上修正 政策決定に関与強める

<最先端研究>支援プログラムの配分額 18〜50億円に減(毎日新聞)
児童ポルノDVD販売で生活費稼ぐ 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(4)“ワクチン後進国”脱却へ(産経新聞)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
米国で iPad の予約受付開始、一日で 12 万台の注文を受ける

<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)

 15日午前5時50分ごろ、東京国分寺市西元町4の路上で男性が死んでいるようだと通行人から119番があった。警視庁小金井署によると、男性は両手を粘着テープで縛られており、搬送先の病院で死亡が確認された。事件に巻き込まれた疑いもあるとみて、司法解剖し死因を調べる

 同署によると、男性は20代とみられ、服が胸あたりまでめくれ上がった状態だった。【神澤龍二】

対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発−北九州(時事通信)
【集う】早乙女貢さん一周忌しのぶ会(2月8日、東京・丸の内の東京会館)(産経新聞)
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正−月例経済報告(時事通信)

女子トイレ侵入容疑で早大生逮捕=「のぞきたかった」−警視庁(時事通信)

 ビルの女子トイレに侵入したとして、警視庁戸塚署が建造物侵入容疑で、東京都内に住む早稲田大教育学部2年の男(21)を現行犯逮捕していたことが10日、同署への取材で分かった。同署によると、男は容疑を認め、「のぞきたかった」などと供述しているという。
 持っていた携帯電話には盗撮したとみられる女性の画像が複数保存されており、同署は携帯カメラでトイレを利用する女性を盗撮しようとした疑いもあるとみて調べている。
 逮捕容疑は先月20日午後8時30分ごろ、新宿区高田馬場の商業ビルにある女子トイレに侵入した疑い。 

【関連ニュース
中学臨時教員を逮捕=書店で盗撮容疑
高校生2人、痴漢取り押さえる=150メートル追跡
盗撮で機動警察隊長逮捕=駅のエスカレーターで
盗撮の警察官を停職処分=「4、5回やった」
警察官夫婦、通勤中にお手柄=盗撮容疑で会社員男逮捕

民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)
<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)
長谷川等伯展 入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)
阿久根市長の出席拒否、法の想定外に議会苦慮(読売新聞)
【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)

六ケ所村 高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)

 国内の使用済み核燃料を英国で再処理した際に出た高レベル放射性廃棄物をガラスに溶かして封入した固化体28本が9日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に初搬入された。今後、約10年で計850本が返される予定。

 国内の使用済み核燃料再処理施設が未完成のため、電力各社が英仏に委託。69〜01年に計約7100トンが再処理され、仏分のガラス固化体1310本は95〜07年に返還されている。初搬入された英国分は仏分とともに工場内で一時貯蔵された。

 輸送船が接岸した同村のむつ小川原港周辺では搬入反対派が「核のごみを持ち込むな」と抗議。核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会の沢口進代表(64)は「将来展望のないまま搬入された。子供たちに負の遺産を残してはいけない」と訴えた。

【関連ニュース
日本原燃:炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場
青森・六ケ所村の核燃再処理工場:炉内温度変化で耐火レンガ破損
日本原燃:県に再処理工場の点検終了報告 /青森
六ケ所村の核燃再処理工場:来月炉内熱上げ 遅れ挽回目指す−−原燃最終報告 /青森
六ケ所村の核燃再処理工場:扉ハンドル折れ、男性社員がけが /青森

交通費渡して「大阪市に行け」 生活保護「たらい回し」表面化(J-CASTニュース)
第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)
北に不正輸出仲介、会社社長を書類送検 外為法違反容疑(産経新聞)
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」(産経新聞)
<孤独死>「ゼロ」目指し研究会 千葉・常盤平団地(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。